印刷に使われる色

色と一口に言っても、その種類は無限にありますが、実は印刷に使用されている色は決まっています。
ではなぜ使用する色は決まっているのに、他の色を表現することができるのでしょうか。
今日はその秘密を探っていきたいと思います。

色の秘密はCMYK

実は印刷を行うにあたり、使用されている色はC(シアン)、M(マゼンタ)、Y(イエロー)の減法混色を表現する3色にK(ブラック)を加えた4色しか使っていません。
このCMYの3色の組み合わせは「色の三原色」と呼ばれており、これらを同量ずつ混ぜ合わせることで色が濃くなっていき、最終的には黒色が表現できるとされています。

色の三原色

しかし実際には3色を同量で組み合わせるのは非常に難しく、きれいな黒色を表現できない。また、使用するインクの量も多くなってしまうため、K(ブラック)のインクを用意し印刷を行います。

黒なのにK?

黒色なのになぜ表現がKなのかというと、元々Kはキー・プレート(Key plate)というものを表現していました。
キー・プレートとは細かい部分や輪郭を表現するために使用していたのですが、黒色しか使用していなかったためKが黒色を指すようになりました。
家庭用プリンタの場合はCMYBkと表現されているものがありますが、この場合のBkはもちろんブラックを表しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA