オンデマンド機械の作業

先日行った作業についてですが一部だけ変えたものを印刷したいという場合はやはりオンデマンド印刷がかなり便利だということを感じました。
同じ部分はオフセット印刷でまとめて刷り、異なる部分だけをオンデマンド印刷で行うことで作成する必要のある版の数を少なくすることができ、なおかつ印刷にかかる時間も経費も削減することができる。
やはりそれぞれの特徴を活かせるように使うことが大切であるということを思い知りました。


今日は何の日?

もう今年も残り2か月と少しとなりました。
皆様はいかがお過ごしでしょうか。

さていつもは紙について記事を作成しているのですが、今回は少し趣向を変えていつもとは違うところに目を付けてみました。
10月30日について調べたところ、いろいろなことが分かったのですが、その中から面白いと思ったものを紹介したいと思います。

10月30日は何の日?

今日10月30日はいくつか記念日があります。例えば、卵かけごはんの日、香りの日等色々とありましたが、その中で面白かったものが「ニュースパニックデー」です。

ニュースパニックデーとは

1938年の10月30日、アメリカのラジオで宇宙戦争というSF小説のラジオドラマが放送されており、その小タイトル「火星人襲来」で演出として火星人が地球に攻めて来たというニュースを流したところ、アメリカ中で実際のニュースだと勘違いした人が120万人以上現れ大混乱が起きました。
この出来事があってからフィクションのニュースを流すときに規制がかかるような法律が制定されました。

こんな風に何もないと思っている日でも少し深く調べてみれば面白いことがわかる場合があるので、少しでも気になったことがあればどんどんと調べてみれば新しい発見があるかもしれません。

体調管理に気を付けて

最近はもう10月に入っているというのに昼間はまるで夏のような気温の日が多いです。
そのくせ朝方はかなり気温が低いため寒暖の差で体調を崩しやすくなっております。
もうすぐ年末ということで忙しくなっている方が多いと思いますが、体を気遣って体調を崩さない様にお気を付けください。

もうすぐハロウィン

最近は朝は涼しくなってきていますが、日中は汗ばむほどの陽気で一日の寒暖差が激しく体調を崩しやすくなっていますのでお気を付けください。
さて今回ですが、タイトルにもありますようにハロウィンについて紹介していきたいと思います。

ハロウィン

そもそもハロウィンとはなんなのでしょうか。
ハロウィンとは元々は収穫を祝うお祭りであったそうで、古代ケルト人の考える年末、10月31日に死者の霊が家族を訪ねてきたり、精霊や魔女が田畑を荒らしにくるのに対応するためにお祭りが開かれるようになったのが由来となっているそうです。
その由来にちなんで子供たちが魔女お化けの仮装をして家を訪ねて回り「トリック・オア・トリート(お菓子をくれなきゃいたずらするぞ)」と訪ねて回るという行事ができました。
またその際にかぼちゃをくり抜いて中にろうそくを立てた「ジャック・オー・ランタン」という明かりを持って回りますが、元々はかぼちゃではなくカブを使っていました。
ハロウィンがアメリカに伝わったとき、生産量がかぼちゃの方が多かったのでそちらに成り代わっていき、今ではかぼちゃが主流となっています。

ちなみに

元々日本でハロウィンはあまりなじみはなかったのですが、1990年頃にディズニーランドでイベントを起こしたのをきっかけに各地でハロウィンのイベントが開かれるようになったそうです。

ハロウィンというイベントにあやかってたまには息抜きにパーティーなどをされてはどうでしょうか。
まだハロウィンには2週間ほどありますので準備には十分間に合いますよ。
パーティーのための招待状が必要になっても、ちょこプリなら最短4日から対応いたしますので、どんどんご注文ください。